メールが途切れた時に持つべき思考|メール編|男性のための恋愛情報満載メン恋ナビ



メン恋ナビロゴ



トップページ » メール編 » メールが途切れた時に持つべき思考

メールが途切れた時に持つべき思考

メールで途切れた時に持つべき思考

メールが途切れることをマイナスに考える人が多いが、そうは思わない。
何故なら、「相手と自分との今の関係が本質的に分かる」からだ。

つまり、メールが切られた事で「相手と自分との本当の距離感」が分かる。
何故なら、メールが途切れる事も一つの「相手の意思表示」だからだ。
だから、途切れる事自体、悪いとは思わない。

重要なのは

  • 今どういう状態なのか?
  • 「何が理由」で切られたのか?
  • そして、今後、より「価値」を与えていくためには、どう教育していくか?
    ということ。
    それさえ、理解できれば、怖くはない。
    それよりも、切られる事に怯えて自分らしさ、自分の価値を女性に提供できない方が、もっと怖い。
    メールが切られることも、相手の意思表示。

    活かせば、今まで以上に価値を感じるが活かせなければ、今まで以上に価値を感じなくなる。
    意思表示とは、何も文面だけではない。
    切られることも、意思表示。
    文面に、書いてあるか、ないか、の差だけ。

    「切られた行為」にのみ囚われるのではなく切られた意味を考えよう。
    そうすれば、次のメールで確実に距離が縮まる。

    LINK

    オージュ
    結婚に対する自分の価値観を知り、幸せな結婚に導きます。入会金・登録料0円。
    ojubridal.com/